胃食道逆流症による慢性的な咳

長期間続く咳である、慢性咳嗽(まんせいがいそう)。この咳の3大要因として挙げられるのが「後鼻漏」と「喘息」そして「胃食道逆流症(GERD)」です。

この記事では、胃食道逆流症による慢性的な咳について書いています。なお、「咳と痰の臨床(医薬ジャーナル社)」から引用して記載しています。

注意書き

※当サイトのスタンス
当サイトの基本スタンスは「まず医師の診察を受ける」です。
情報を探して素人考えで自己診断するのではなく、病院に行って医師の診察をうけてください。

※論文や雑誌に関して
医学の雑誌や論文などは、必ずしも正しいことが書かれているわけではありません。あくまで実験や研究の結果が書かれているだけです。
そのため、当サイト内で論文の引用箇所に関しましても「そういう情報がある」という程度にご覧下さい。

胃食道逆流症とは

2006年に18カ国の専門家で胃食道逆流症について下記のように定義されたそうです。

胃内容物の食道内逆流によって煩わしい症状あるいは合併症のあるもの

かなり幅広い定義に思えますが、それだけ広範な症状を引き起こすものだと考えられます。

食道の逆流症状である「胸やけ」、口の中に酸味や苦みを感じる「呑酸」、症状名はありませんが逆流感を感じる場合は胃食道逆流症と言えそうです。

また、食道以外にも影響があり、「咳(咳嗽)」「副鼻腔炎」「中耳炎」など、喉のみならず鼻や耳への影響があると考えられています。

胃食道逆流症と咳

胃食道逆流症がどのように咳を誘発するのか?確定的な情報ではありませんが、以下の様に考えれられています。

①逆流が咽頭等の上気道の咳受容体を刺激する
②胃内容物の吸入により下気道の咳受容体が刺激される
③下部食道に酸が逆流することにより食道-気道・気管支反射が誘発される

体内で起こっていることは単純で、逆流による何らかの状態が咳を引き起こす刺激になるようです。

これは血液中や神経伝達など体内細部で起こる事ではなく、相当に物理的な原因に思えます。なぜなら、逆流で胃酸や胃の内容物が直接的に刺激を与えているのですから。

ただ、胃食道逆流症がややこしいのは、咳によって誘発される可能性がある点です。

つまり「胃食道逆流症だから咳が出る」と同時に「咳だから胃食道逆流症になる」という状態があり、どちらが原因でどちらが結果なのかが決まっているわけではありません。

食後の咳

食後の1-2時間後に咳がでてくる場合は、胃食道逆流症が原因の咳である可能性があります。

しかしこれは「手がかりになる」程度の話です。

胃食道逆流症の判断をする場合の初診時では、食後の咳と胃食道逆流症が結びついたのは13%に過ぎないそうです。つまり、8割以上は胃食道逆流症が原因の咳ではないと言えます。

属性による差

胃食道逆流症による咳の場合、性別と年齢とBMI(肥満度)による差はないようです。

性別はともかく、体内に変化があると思われる年齢や肥満度での差がないのは意外ですね。

ただ、飲酒と喫煙は統計的に有為な差がでたようで、お酒とタバコは控えたほうが良いかもしれません。

胃食道逆流症による咳の治療

いくつか方法があるようですが、基本的はプロトンポンプ阻害薬(PPI)という薬をつかうようです。PPIは胃酸分泌抑制効果があり、簡単にいえば「胃酸を弱めて逆流を防ぐ」となるでしょうか。

しかし、保険の枠内では治療に必要な十分な量が出せないようで、食事指導による治療も行われています。一例として下記に引用します。

生活指導においては逆流を特に強く誘発すると考えられるコーヒーやチョコレート、飴菓子は禁止しカフェインを多く含むもの、菓子類、辛いもの、脂分を多く含むもの、特にカレーライスやファーストフードなど、早食いする傾向の強い料理、食後4時間以内の臥位などを避けるように気をつけていただくことなどを注意している。

PPIなどの薬による胃酸の軽減は強制的な抑制ですが、食べるものを制限することでそもそもの逆流を防ぐという視点は理にかなっています。むしろより自然で安全な方法ですね。

文献にも述べられていたのですが、糖尿病などを防ぐ食事とも共通する部分があり、胃食道逆流症だけでなく体全体の健康に対して有効な方法に思えます。

咳や喉に関するその他の記事

咳や喉にかんするその他の記事は下記のリンク先に一覧を用意しています。

鼻水と咳と喉

後鼻漏と咳に関する記事はもちろん、痰についても書いていますので参考になるかと思います。なお、TOPページにてイラストで後鼻漏の症状についてご説明していますので、後鼻漏が原因で咳がでる方で後鼻漏をご存じない方は一度ご覧くださいませ。

コメント:1件

  1. はじめまして
    そして、とてもわかりやすく詳細なサイトを
    ありがとうございます。

    ワタシも今年初めてアレルギー性鼻炎からの
    後鼻漏になり、正しい診断されるまで咳がひどくて
    とうとう声がかすれて出なくなり
    仕事もまともに出来ず本当に辛かったです。

    内科でもらった薬も効かず、耳鼻科を薦められ
    やっと鼻炎の治療薬をもらって
    長いトンネルから光が射してきたとホッとした時に
    こちらのサイトにたどり着きました。

    ワタシの鼻の管が狭いらしく
    流れにくいのが原因でもあるので
    これからしばらく薬を飲むことになりますが
    本当にありがとうございました❗

    事後報告ですが
    ワタシのblogでもこちらのサイトをご紹介させて
    いただきました。

    これからもよろしくお願いいたします。

コメントはお気軽にどうぞ

※承認制となっていますので、即時公開はされません。